2021年02月28日

今日は寒い

たった1時間程度の隙間仕事に
出かけなきゃならない。
待ち合わせの時間が刻々と迫る…


面倒だー
寒いからコタツから出たくない。


posted by SARAH at 10:43| Comment(0) | ワーキングおばさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

今日はいい天気

2、3日毎に天気がコロコロ変わる。
昨日は極寒だったのに
今日は4月並みにポッカポカ。

仕事先のスーパーの駐車場を出る時に
レシートが必要になった。
今まで無料だったのになー 〜٩(๑`^´๑)۶
何か買って帰れって事ね!

ちょうど昼時だから弁当を買い、
外のファミマの駐車場に移動して休憩中です。
WiFi繋がるしね  (^_^;

今日のサラメシはタケノコご飯と油淋鶏
A0789CD9-0935-468E-BE57-888F0A3448E4.jpg

合計422円ナリ!
安い!
安すぎる〜〜





posted by SARAH at 12:57| Comment(0) | ワーキングおばさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

びっくりした〜

今日、うたた寝をしていて
前の職場の夢を見ました。

とっくの昔に異動している当時の課長補佐が出てきて
一緒にワーワー仕事してるの。。。
経費削減だとか言って、
使い捨てのはずのウェアを洗濯しろだの、
シートを拭けだの…
もう現場はてんやわんや〜

ああ、夢見が悪い…

これは何かのお告げなのか?




posted by SARAH at 23:37| Comment(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月29日

今日のサラメシ

今日はまた寒くなった。
銀行に行く途中にあったカレー屋さんに入ってみた。

2221C150-1E32-4D2B-B22D-0B14C438BB27.jpg504BAC4C-01A2-42F4-9ABA-30BD4523CBBE.jpg


ミニサイズのカツが可愛い♪
中辛でもピリピリ〜
おいしかったよう (^ω^)




posted by SARAH at 12:25| Comment(0) | ワーキングおばさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

追跡

かれこれ1時間になる。
飛び乗った電車は家とは逆方向にどんどん遠ざかっていく。
平日のローカル線には人もまばら。
こちら側の席には4〜5歳の男の子を連れた母親が一人、私の横に座っている。
向かいには学生が一人、老人が一人。
離れて立つ夫は斜め横の優先座席のつり革につかまって、窓際の男を睨んでいた。
その小柄な男は茶色いクラッチバッグを胸に抱えて、あたりをきょろきょろと見まわしている。
あ、いけない。私と目が合った。私はとっさに中づり広告を読んでいる風を装ったが、
男は私をじろじろと見た後、次に夫を見て、表情が硬くなった。

事の発端はこうだ。
見知らぬ街に夫の友人の見舞いに来た帰りのこと。
駅に続く商店街のアーケードを歩いていた時に、偶然この男と出くわしたのだ。
「よう、久しぶりやないか!」
夫が声をかけると、男はたいそう驚き
「あ、あ… こんなところで… お久しぶりです」
「どないしとんのや。ここに住んどるんか?」
「あ、いや、ちょっと用事で」
夫は話を続けようとしたが、男は「急いでるんで」と駅の方向へ足早に去っていった。

「追うで」
夫は離れた自販機でコーヒーを買っていた私に走り寄り、宣言した。
「経理のヒモや! 捕まえたる!」

5年前、夫の会社の金を横領した経理の女は服役中だが
共犯とされた男は雲隠れ。いまだにつかまっていなかったのだ。
夫は男の後を追った。
私もあわてて後を追った。

男は駅の改札を抜け、ホームに止まっていた電車に乗った。
夫はあとから来た私に
「離れて。気づかれんようにな」
私は頷き、隣のドアから車内に入り、素知らぬ顔で席に座ったのだ。

男が夫につけられていることに気がついたのは何駅も後のことだった。
その後はドアに移動し、2メートルくらいの距離でにらみ合いが続いている。
空いているのにつり革に手をかけて立つ不自然な夫。
ほかの乗客は何も知らない。
ただ、2人の周囲の空気だけが緊張している。
そんな状態で1時間ほどが過ぎたころ、男は私の存在を察知した。
その表情で逃走への意志が強固なものになったことがわかる。
さても次の停車駅でドアが開くと男が降りた。
夫が続いたのを見ると、男は脱兎のごとく駆けだした。
私もあわててあとを追う。
男はホームにあったトイレに駆け込んだ。
夫は入り口で後から来た私に「ここで見張ってるから」と改札を指さした。
私は駅員に駆け寄り、警察に知らせるように頼んだ。

ほどなくして警官が来た。
外で見張っていた夫とトイレに入って行き、男を捜したが
中には誰もいなかった。
男は手洗いの小さな窓から逃げた後だった。








posted by SARAH at 03:55| Comment(0) | こんな夢をみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングに参加しています。
クリック ↓ してくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ